読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Processing中毒者の嘔吐物

ProcessingやらopenFrameworksやら色んなプログラミングについて吐きます

ProcessingでLeap Motion初挑戦してみた

Processing Leap Motion

ずっと気になってたLeap Motionをついに買いました。導入からProcessingでの動作テストまで紹介したいと思います。Leap Motionの本体はAmazonで買いました。

動作環境は、
windows 7 64bit
Processing 2.2.1
ライブラリはhttps://github.com/mrzl/LeapMotionP5を使用しました。ライブラリをダウンロードして解凍すると、[LeapMotionP5-master]というフォルダが出来ます。それを[LeapMotionP5]に名前を変更して、Processingの[libraries]フォルダに移してください。
LeapMotion本体をUSBで繋いだ後、下のSetupページからLeap Motion Controllerをダウンロードしてください。
Leap Motion | Setup Your Leap Motion Controller
Leap Motion Controllerの設定が終われば、Leap Motion App Homeに初めからあるデモを実行してちゃんと動けばOKです。
デモが動いたら、[LeapMotionP5]フォルダの[examples]にある[active-fingers.pde]を動かしてみましょう。細かい設定など何もしなくても動くはずです。www.youtube.com
これ↑をマウスの代わりに指で操作できるようにしました。
めちゃくちゃ楽しいですね。時間が出来たら色々作っていきたいです。